会社概要

創立 昭和52年2月22日
商号 新日本化学工業 株式会社
本社・工場

〒289-2306 千葉県香取郡多古町十余三385-140

TEL.0479-75-2791 FAX.0479-75-2796

http://www.e-snc.co.jp/

東京営業所

〒104-0041 東京都中央区新富1-8-2 八丁堀MIYAMAビル7F

TEL.03-5541-0101 FAX.03-5541-0104

従業員

39名
営業目的 工業溶剤・シンナー・自動車用品などの製造並びに販売受託、充填、加工
関連会社

日本サーキュレート株式会社

http://www.e-ncc.co.jp/

沿革・取引先

昭和52年  2月 【会社設立】
新会社を設立、社名を新日本化学工業株式会社とし、
現在の代表取締役が社長に就任、
化学工業溶剤・シンナーの製造並びに
販売を中心に事業の拡大発展を図る。
昭和59年  4月 【増資】
順調な経営規模の拡大と、
急速な技術革新に伴う幅広い顧客ニーズに応えるため、
資本金を2,200万円に増資し、諸設備充実と、
より高度な技術を促進するための体制を確立。
昭和63年12月 【山王町工場〜成田工場敷地用として購入】
多様な業界ニーズに応えるため、
タンク並びに工場設備の改造、新設工事を進める。
平成2年から4年にかけて、成田市近郊の多古町に
延11,718㎡(現在の成田工場敷地)の新工場用地を購入。
平成  4年  8月 あらたな営業目的としてカーケミカルの製造、販売を開始。
平成  7年  2月 【成田工場竣工】
これまでの山王旧工場の約10倍のキャパシティを以って、
顧客のより多様なニーズに更にリーズナブルな価格で
効率的に対応できる体制を確立。
○敷地・・・・・・・・・・・・・・・ 11,718㎡
○工場・・・・・・・・・・・・・・・・・・488㎡
○倉庫2棟・・・・・・・・・・・・・・・740㎡
○ローリー払出ラック・・・・・・・40㎡
○事務所・・・・・・・・・・・・・・・・260㎡
平成15年  3月 東京営業所開設。
平成19年10月 屋外タンク増設。
平成22年  3月 18L缶自動充填ライン全面リニューアル。
平成24年10月 関西営業所開設。

主要仕入先
(五十音順)
朝日石油化学株式会社
川口産業株式会社
小池化学株式会社
昭光通商株式会社
第一有機産業株式会社
豊通ケミプラス株式会社
ハイケム株式会社
兼松ケミカル株式会社
クラレトレーディング株式会社
株式会社サンケム・ジャパン
双日株式会社(大阪)
中央化成品株式会社
日本アルコール販売株式会社
丸善油化商事株式会社
主要納入先
(五十音順)
エア・ウォーター・ゾル株式会社
サカタインクス株式会社
ジェイフィルム株式会社
株式会社ダイゾー  ニチモリ事業部
大日本印刷株式会社
ニコー物産株式会社
日本瓦斯株式会社
株式会社ENEOSフロンティア
シュアラスター株式会社
株式会社タイホーコーザイ
大日精化工業株式会社
東洋インキ株式会社
株式会社日商グラビア
株式会社フジシール
グループ企業 日本サーキュレート株式会社  
主要取引銀行 千葉銀行中央支店
千葉信用金庫稲毛支店
三菱東京UFJ銀行千葉支店
京葉銀行本店

 

経営理念

 当社はQ・C・D・Tにおいて溶剤業界のLeading Companyを
目指すことを経営の基本理念とし、そのために全社員が力を合わせて
お客様の信頼を得る事を永久不変のコミットメントとする。

経営方針

1.Quality お客様の信頼に応える製品の提供
2.Cost お客様のご納得のいくコストパフォーマンス
3.Delivery お客様のご満足のいく納期
4.Technical お客様のご期待に応える開発力・技術力

製品に対する基本理念

当社の全社員は、お客様の満足いく製品をお届けするためにたゆまぬ品質向上努力を行い、
その製品の存在価値で社会に貢献することを基本理念とする。

品質方針

  1.  常にQuality firstを念頭におき業務を行う。
  2. 未然防止システムを構築し、正しい製品作りを心掛ける。
  3. データによる分析・解析を行い常に客観的数値で製品の品質管理を行う。
  4. あらゆる場面でPDCAサイクルで事にあたり、常に品質向上を目指す。
  5. 製品の品質を常に第一に考え、不良率ゼロを目指す。

アクセスマップ

千葉本社・工場周辺

成田インターでは、左側の料金所を出てください。
右側の料金所は空港内へ行きます。

 

東京営業所周辺